ペット栄養管理士について

2013年04月29日

ペットを飼う人が増え、
ペットを大事にする人たちが増えてきていることもあり、
ペットにかかわる仕事も以前と比べるとかなり増えてきたのではないでしょうか。

「ペット栄養管理士」もそういう仕事の一つです。

ペット栄養管理士の資格を取得するためには、
ペット栄養管理士認定試験に合格し、
日本ペット栄養学会の会員となって管理士名簿に登録することが必要となります。

2002年5月に設けられましたので、まだ歴史は浅い認定資格です。

ペット栄養管理士認定試験を受験するための資格は、
ペット栄養士管理士養成講習会ですべての教程を終了しなければいけません。

と同時に、大学において、獣医学・畜産学(応用動物学・資源動物学・動物生産学・応用生命科学・応用生物科学・生物機能科学・生物資源科学等)・農芸化学のいずれの過程を修めたもの。
前各号と同等、もしくはそれ以上の資格を有すると認定されたもの、と定められています。

けっこうハードルが高いといえば高いです。

ちなみに、このペット栄養士養成講習会では、
ペットフード総論・ペット基礎栄養学・ペット臨床栄養学(衛生学)を学びます。

講習会の開催は、東京のみとなっているようです。
講習会についての日時や場所、そして料金など詳しい内容は、
「日本ペット栄養学会」HPをご覧ください。

民間の資格で、国家資格ではありません。

これからは、ペットも人間同様のサービスを受けさせたいという飼い主も増えていくでしょうし、
ペットの健康や長寿を願う飼い主の方々がペットの栄養管理にも関心を高めていくことでしょう。

今後、この「ペット栄養管理士」は需要が増えていく可能性も高いのではないでしょうか。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペット栄養管理士について
    コメント(0)