栄養士の就職状況

2012年08月28日

栄養士としての就職先としては、病院、学校、企業などの給食施設、健康保険組合、福祉施設、保健所や保健センター、研究機関や教育機関などを思い浮かべるのではないかと思います。

しかし、栄養士の勉強を終えて就職をするとなると、必ずしもこのような施設への就職ということにはなりません。

例えば、病院を例にとれば、看護士は何人・何十人という人が働いていますが、栄養士は1人~4人前後と数が少なく、その分、就職できる人数が少ないということになります。


このような状況から、卒業後に栄養士という仕事に就ける人は半分以下といわれていまする

[新卒求人の求人開始時期]
新卒者の求人がくる時期はおおよそ以下のようになっています。
・給食受託会社などの一般企業が5~6月ごろ。
・病院や施設など、直属の栄養士の募集が8~9月ごろ。
・保健所など公的施設の募集が10月過ぎとなる場合が多いようです。

病院や施設などは管理栄養士を求めている場合がく、栄養士資格しか取得できない学校は就職に不利となっているようです。

ですので、栄養士資格のみの場合は、働きながら管理栄養士受験資格を得なければならなく、したがって施設や病院の調理師として働いて実務経験をつむ例もあるようです。

いずれにしましても、栄養士の学校へ入学するときに卒業生の就職状況はどうなっているのか学校に直接聞いたり、情報を集めたりすることが必要ですし、入学後は自分が就職したい就職先に就職するには何が必要かなどしっかり知り、先生の助言を得たりして卒業後を見据えて勉強や就職活動していくことが大切です。



同じカテゴリー(栄養士と栄養士の仕事)の記事
 栄養士・管理栄養士の資格取得 (2014-05-03 15:15)
 スポーツ栄養士という仕事 (2014-03-07 17:39)
 栄養士の職場 (2013-07-10 16:24)
 栄養士になるには (2012-11-27 15:49)
 管理栄養士になるには (2012-05-29 14:07)
 栄養士の仕事先 (2009-10-07 17:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
栄養士の就職状況
    コメント(0)