スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

栄養士・管理栄養士の資格取得

2014年05月03日

栄養士は学校、病院、社会福祉施設、会社などで給食の献立作成や給食の計画を行います。
その他には、食品会社やスポーツ施設で栄養指導をしたり、
フードコーディネーターとして雑誌で活躍する人もいます。

管理栄養士は栄養士の国家資格ですが、
栄養士の仕事の中でも「複雑または困難な仕事」を行います。

近年においては、生活習慣病の増大や高齢化社会の進行にともない、
管理栄養士は社会的に重要性が高まっています。

栄養士の資格は栄養士養成課程を終えると取得することができます。

管理栄養士は栄養士もしくは管理栄養士養成課程を終え、
場合によっては実務経験を積んだ後、
国家試験に合格すると取得することができます。

管理栄養士の国家試験は難易度が高く、
合格率は20%から30%と低い数字になっています。

このように栄養士、管理栄養士の資格取得は容易ではありません。

途中で挫折しないためには求められる資質と自分の適性を見極めることが大切です。

栄養士、管理栄養士に求められる資質は、
調理や食材、栄養、健康、嗜好、食文化など、
食に関わるあらゆることに関心を持っているということです。

そして調理の技術とともに、条件に合わせて調理を工夫したり、
手に入らない材料があればそれに代わる食材や調理法を提案できる柔軟性が求められます。

また管理栄養士は多く人と協力しながら仕事を進めるため、コミュニケーション能力も重要です。

さらに資格取得後も、専門知識と技術の向上のための努力を続ける姿勢が求められます。

そして何よりも人を健康へ導く管理栄養士には、
自身の健康管理がしっかりできることが重要な資質といえます。
  


Posted by 栄養士ミサ at 15:15Comments(0)栄養士と栄養士の仕事